オリジナルポロシャツを長く着る為のポイントと注意点

サイトマップ

オリジナルポロシャツ

仕事着にポロシャツを着るのはあり?

男の子

私の夫は、公務員です。夏場は、クールビズを実施しているそうで、仕事着はスラックスとカッターシャツ(ノーネクタイ)です。「仕事に着ていくものは決まり事があるの?」と聞いてみると、明確に決まったものはないようです。それでは、オリジナルポロシャツを着て行ってもいいのでしょうか。答えは、オリジナルポロシャツでもOKということでした。私は、実際に公務員の皆さんが何を着ているのだろうと興味があり、用事があって市役所と県庁へ行くときに、男性の服装に注意して見てきました。
その結果、両方とも、オリジナルポロシャツ着用の男性はいましたが、私の受けた感じとしては、県庁の方は、ほとんどがカッターシャツで、ポロシャツの方はほとんどいなかったように思いました。市役所は、オリジナルポロシャツの方がいました。特に、農業や土木といったセクションではポロシャツの方が多かったように思います。やはり、現場へ出る機会の多い業務のところは、上がオリジナルポロシャツで、ズボンは綿パンなど動きやすい服装が好まれるのかなと思いました。
夫は、「ちょっとポロシャツは着て行きにくいな」と言いますが、事務職の多い職場では、職員の皆さんが夫と同じような感覚でカッターシャツを選択しているのかもしれません。でも、本当は、ポロシャツに綿パンだったら楽だろうなと思っているらしいですよ。

長袖ポロシャツの選び方

オリジナルポロシャツと言えば、多くの人が半袖のものを想像しますが、長袖のオリジナルポロシャツもあります。長袖も、上手く着こなせば、とてもおしゃれなものです。しかし、失敗してしまうと、おじさんくさくなってしまう可能性も高いので、着こなすのはなかなか難しいものがあります。そこで、長袖のオリジナルポロシャツを選ぶときのコツを紹介しましょう。ポロシャツは、基本的に体にフィットしたものを選んだ方がおしゃれになりますが、これは長袖の場合も同じです。胴回りや袖に注目して、なるべくダボつかないものを選べば、すっきりとしたきれいな印象になります。
男性の場合は、試着をせずに安易に購入してしまうことも多いですが、やはりきちんと試着してみて、サイズが合っていることを確認すべきでしょう。判断が難しい場合には、店員に声をかければ、適切なアドバイスをしてくれます。また、色については、なるべく暗めのものがおすすめです。これは、暗い色の方が、他のものと合わせやすくなるためです。ただし、全身が暗い色にならないように、適度に明るい色も入れてバランスをとるようにしましょう。すべてが暗い色になると、似合う人が限られてくるので、避けた方が無難です。ポロシャツが暗い色でも、帽子や靴などを明るくすることで調整すれば、爽やかな印象になります。

ポロシャツの襟よれを防ぐ方法

オリジナルポロシャツの襟は、長く使っているうちに、次第によれてきてしまいます。せっかくお気に入りのオリジナルポロシャツでも、襟がよれていては、だらしのない印象になってしまうものです。この襟のよれが起こるのは、洗濯の方法が原因となっている場合があります。そこで、オリジナルポロシャツの襟がよれない洗い方について、説明しましょう。オリジナルポロシャツの襟がよれる場合、洗濯機の中で、他の衣類と絡まったり擦れたりすることで、伸びてしまうのが問題です。
これは、襟だけでなく、オリジナルポロシャツ全体の型崩れにつながることもあるので、できるだけ避けなければなりません。そんなときに便利なのが、洗濯ネットです。ネットに入れて洗うだけでも、洗濯の際のダメージは、かなり減らすことができます。これは、100均などでも安く購入することができるので、とても手軽な方法です。
また、「ソフト」や「弱流水」など、洗濯機の設定をなるべく弱くすると、さらにダメージが減ります。そして、最もよれが少ない方法は、洗濯機ではなく、ポロシャツだけ手洗いをすることです。これならば、他の衣類との摩擦などが起こる心配はないので、一番確実です。ただし、あまり強くこすると、やはりよれてしまうので、手洗いの際は優しく洗うことを心がけましょう。


プリズマのオリジナルポロシャツなら着やすくい、質のいいものを提供してくれるのです!オリジナルポロシャツを自分の好きなデザインで作成も可能ですので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

こんなに使えるポロシャツ

ポロシャツといえば、速乾性に優れており汗をかくシーズンにもってこいのファッションアイテムではないでしょうか。一枚持っておくと、どんなボトムにも合わせやすいく、使い回しがききます。ポロシャツで長く人気のあるデザインはボーダーで、ボーダー部分のラインが細いものから太いものによって、人の体型をカバー…

ポロシャツで重ね着をするときのポイント

ポロシャツをどう着るかは人それぞれですが、もし他の衣類と重ね着をするなら、ぜひ押さえておきたいポイントがあります。それにより、ポロシャツをよりおしゃれに着ることができるのです。まず、重ね着するTシャツなどの色に注意しましょう。このとき、ポロシャツと同じような色を選んでしまうと、メリハリのない印…

流行に沿った着こなしを

サイズが小さくなったり、着る機会が減ったポロシャツを誰かに譲るときは、生地のほつれや伸びを気にすることが肝心です。おさがりとして渡すときも、これから着る人の気持ちになって考えることが大事になり、ポロシャツの第二の人生を願う状況が重要となってきます。このように洋服を譲る文化が近頃は根付いているた…